セラ挿木苗HOME>セラ挿木苗技術の将来性 コンセプト 目次 >セラ挿木苗技術の将来性


セラ挿木苗技術の将来性 コンセプト

セラミックポットによる挿木苗技術は、今後多くの将来性を秘めています。
問う技術の優れた運搬性、植栽効率、活着等から、
今後、様々なシーンでの活用が期待できます。

U.セラ挿木苗技術コンセプト

B「軽く運搬が楽な苗木の必要性」 日本の山は急峻です。
従来のどんな軽量ポットでも、一人で多くを運ぶことができません。

路地苗はポット苗に比べると遥かに軽いといえますが、それでも根の量は非常に多く、
携帯性が良い訳ではありません。

苗木の携帯性の良し悪しは、植栽効率にも影響します。
携帯性が悪ければ効率的な植栽はできません。

軽量で非常にコンパクトな苗木があれば、
一度に大量に運びあげることができ、植栽の効率も上がります。


セラ挿木苗技術の将来性 コンセプト 目次