セラ挿木苗HOME>セラ挿木苗技術の将来性 コンセプト 目次 >セラ挿木苗技術の将来性


セラ挿木苗技術の将来性 コンセプト

セラミックポットによる挿木苗技術は、今後多くの将来性を秘めています。
問う技術の優れた運搬性、植栽効率、活着等から、
今後、様々なシーンでの活用が期待できます。

U.セラ挿木苗技術 コンセプト

C「植栽が簡単にできる苗木の必要性」 かつて、日本では、年間数億本の苗木が山に植栽されていたと言います。
現状は、数千万本まで落ちているようです。
伐っても植えない場所が増えていると言う残念な話もよく耳にします。
森林の管理=林業ですので、この状況は仕方が無いのかも知れません。
植栽がこの十数年間激減している(行われなくなった)ことが、
将来、森林保全の観点から何がしかの影響が出るのではないかと不安に思わなくもありません。

林業従事者の高齢化は大きな問題といえます。
林業が厳しい状況であり続ける限り、高齢化の解消は非常に困難のように思います。
森林に関わる技術は今後どうやって次世代へ継承されて行くのでしょうか?

森林の育成に関する技術の継承は、今後の大きな課題になります。
植栽に関してのみ考えても、従事者の高齢化に加え、植栽そのものが行われなくなっているのが現状で、植栽の技術を伝える機会さえ失われているのではないかと危惧しています。

「スキルが不要で、どんな人でも簡単に植栽することができ、
誰が植えても同様の成果が得られる」・・・
このような技術が今後求められるようになると考えています。


セラ挿木苗技術の将来性 コンセプト 目次