セラ挿木苗HOME>セラ挿木苗技術の将来性 コンセプト 目次 >セラ挿木苗技術の将来性


セラ挿木苗技術の将来性 コンセプト

セラミックポットによる挿木苗技術は、今後多くの将来性を秘めています。
問う技術の優れた運搬性、植栽効率、活着等から、
今後、様々なシーンでの活用が期待できます。

T.セラ挿木苗技術の将来性

@広葉樹苗の生産 森林の多くがスギ・ヒノキの人工林となった現在、
広葉樹を活用した森林作りも大きなテーマとなってきています。
残念ながら、スギ・ヒノキの造林に比べ、圧倒的に広葉樹を活用した森林作りの経験地は低く、
優良な苗木の供給、広葉樹林育成技術の開発が遅れていることは否めません。

今後広がる広葉樹林の育成にあたり、良質な苗木を供給する必要があります。

広葉樹はスギ・ヒノキなどと比べ初期成長が早く、
播種から半年以内に40cm〜50cmの樹高を得られるものが多くあります。
広葉樹苗のセラミック苗生産については、
播種→セラミックへ移植による苗木生産を行って参ります。


セラ挿木苗技術の将来性 コンセプト 目次