セラ挿木苗HOME>セラ挿木苗技術の将来性 コンセプト 目次 >セラ挿木苗技術の将来性


セラ挿木苗技術の将来性 コンセプト

セラミックポットによる挿木苗技術は、今後多くの将来性を秘めています。
セラ挿木苗技術の優れた運搬性、植栽効率、活着等から、
今後、様々なシーンでの活用が期待できます。

T.セラ挿木苗技術の将来性

C海外への技術普及 苗木の技術開発については、海外に大きな遅れをとっています。
日本は急峻な山での作業、海外はまるで丘のようななだらかな山での作業・・・
林業技術も苗木技術も遅れをとっていたのも仕方の無いことなのかも知れません。

我々が開発したセラミックポット苗は、
遅れをとった苗木の技術開発で初めて先手を取れるものです。
ここまで合理的な思想を持って作られたものは海外にも見当たりません。

また、後進国等、乱伐により環境破壊が進み、再緑化作業が困難を極める場所において、
非常に有効な手段となりうると考えています。



セラ挿木苗技術の将来性 コンセプト 目次