セラ挿木苗HOME>良くある質問 トライアル出荷時の発生問題 目次 >トライアル出荷時の発生問題


Ⅱ.トライアル販売時に発生した問題点(お客様よりの情報)

発生した問題 情報提供者 問題の内容 今後の対策
⑥ヒノキ200本のうち、
 100本弱が枯死した
関東森林管理局
山梨森林管理事務所
 
ご注文時は生産中でした。
納期をお待ちいただき、
発根後の初回ロットを出荷いたしました。
しかし、発根が十分でなく、
未発根のものも含まれていたため、
植栽後の枯死が発生しました。
約100本のヒノキ苗につきましては不良苗扱いとし、
交換させていただきました。


セラミック内での発根確認・検査方法につきましては、
今後のテーマの一つとして取り組んで参ります。

挿木苗の出荷にあたりましては、ハイトカルチャ社と速見林業社とで綿密な打ち合わせを行っております。
しかしながら、まだまだ経験が浅いことから、第1回試験販売においても、出荷した苗木の不具合について
お客様より情報をいただきました。

当社といたしましては、いただきました情報を元に、将来の本格的出荷に向けて、
品質の良い優良苗の提供するべく、改善を図っていく所存です。

お客様よりいただきました情報につきましては、感謝を申し上げますとともに、
今後の早急な改善を行っていくことをお約束申し上げます。

また、技術の更なる向上のため、お客様には様々な情報の提供をお願いいたします。

ハイトカルチャ株式会社


良くある質問 トライアル出荷時の発生問題 目次